スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








休日は引きこもり継続中

ジーン・ワルツ (新潮文庫)ジーン・ワルツ」&「赤い指」読了です。
ジーン・ワルツ」はチームバチスタやジェネラルルージュの海堂尊さんの小説。今度映画化されますね。
閉院間際の産婦人科医院が舞台の1冊。官僚たちの的外れな少子化対策によって崩壊していく産婦人科医院。
クールウィッチとあだ名される曾根崎理恵が立ち向かうお話。
海堂尊さんの小説って、根底に医療現場の苦悩や問題が詰まってるのに、さくっと読んでしまえるパワーがあって好きです。
閉院を余儀なくされたマリアクリニックの最後の患者たち。
それぞれが一人一人問題を抱え、それに真摯に対応していく。
産婦人科が舞台だから読んでて意味わかるかなとも思ったんですが・・・
かなり面白いです。

赤い指 (講談社文庫)で、東野圭吾さんの「赤い指」。
加賀恭一郎シリーズの7冊目。
外部の人間にはボケてしまったおばあちゃんがいること以外普通に見える家庭。
そこで起こる殺人事件。
犯人はまだ中学生の少年。
被害者は小学生の少女。
両親は息子のしたことに大きなショックを受けながらも、未来ある少年が警察に捕まらないようにあらゆる手段を講じる。

罪は償うべき。
それでももしも自分の息子が大きな罪を犯したとしたら・・・
きちんと自首させる自信はありますか?
名前が公表されないからと言っても、風評まで止めることはできず、人殺しの息子を持つ家庭というレッテルを受け入れられますか?
息子の人生はもちろん、家族全員の人生も狂わせてしまうほどの犯罪。
それでもきちんと対処できますか?

ごく普通の家庭だからこそ、息子やわが身のかわいさに道を踏み外してしまう。
そして行われる、最もしてはいけないエゴイスティックな隠ぺい工作。
真犯人を見つけ出すのは加賀恭一郎の仕事。
しかし・・・

ただ単純に真犯人を見つけるだけにとどまらない加賀恭一郎の捜査。
親が子供にしてやれること。
それがこの本のテーマではないでしょうか?


今月は改装&オープンなんていうとんでもなく忙しい毎日で、やっと無事閉店セールを終えたところ。
休みの日でももうぐったりして外に出掛ける気力もなく、完全引きこもり状態に突入してます。
写真、撮りに行きたいけどなかなか、ねぇ・・・
トリエンナーレ、行けるかなぁ~。

スポンサーサイト






万能鑑定士Qの事件簿V 読了

万能鑑定士Qの事件簿V (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿V」読了です。
今回のはちゃんと面白かった。(´▽`)
見聞を広めるためのフランス旅行に高校時代の恩師、喜屋武先生が引率を買って出る。
あまりにもトロい生徒だった莉子を気遣っての同行だったが、莉子の恐ろしく進化した頭脳を目の当たりにすることに・・・
かつての同級生楚辺君が事件に巻き込まれ、莉子は彼を救う決意をする。

ん~、このシリーズの中ではちょっと異色。
でも、普通に面白く読めました。








後催眠読了

後催眠 完全版 (角川文庫)後催眠 完全版」読了です。
これはまた違ったジャンルに仕上がってますね。
読んでるとかなりダークな心境になってきます。そして、何となく自分にも当てはまる部分なるなって感じてしまうところも・・・
嵯峨さんの出てくる催眠シリーズではあるものの、話は彼が臨床心理士の資格を取る前の出来事。
ある事件がきっかけで、神経症という心の病が再発してしまう木村絵美子。
そこに現れたのは失踪中の精神科医深崎透。癌を患い、余命いくばくもない彼がかつての患者を救うためにカウンセリングに乗り出す。

神経症。
この本の中で出てくるこの病気、怖いですね。
身体の病ではなく、心の病。

気分がいいときは世界が温かく感じ、ふさぎこんでるときはすべてが悪いほうへ感じられる。
そんなことは誰にでもあるはず。
この小説の中で語られる神経症の状態って、たぶんこのふさぎこんでる状態が延々と続くことなんでしょう。
悪いほうへ、悪いほうへと想像を膨らませてしまう。
自覚があって、それに抵抗しようと試みても、その無理がますます心に負担をかけてしまう。

神経症患者である木村絵美子が深崎透との対話の中で、少しずつ回復へ向かっていく。
そして、それを阻止するかのように向けられる悪意。

彼女の中で暴風雨のようにかき乱される思考と感情の嵐。
おもしろいけど・・・かなり尾を引きますね、これ。







苦手なもの

100827matsuri.jpg


風船つり、金魚すくい、UFOキャッチャーなどなど吊り上げ系のものってのはなぜかどれも苦手。
何となくいけそうだと思っても、うまくいかない場合のほうが多い。
上手に取ってる人とか見てるとすごいなぁ~て感心する。
なんか特別な技術とか持ってるんでしょうね、きっと。

カウンセラー 完全版 (角川文庫)カウンセラー 完全版」読了。
嵯峨敏也さん、主役のはずなのに今回は完全に響野先生に持ってかれましたね。
今回もまたおもしろかったですが・・・
バックグラウンドが陰惨過ぎて少ない文章能力ではちょっと表現しきれないので内容は端折ります。
大事件に対して臨床心理士である嵯峨さんが果たす役割。
事件を扱ったものっていうのは探偵ものだったり刑事ものだったりですが、こういう切り口もあるのか~って感じですね。
催眠 完全版」とはまったく違う展開。
でも、どちらかというと催眠のほうが好きだな。







読了~

催眠 完全版 (角川文庫)しばらくサボってたらツイートのまとめばかりが投稿されてた・・・(笑)
サボってたのには理由があって・・・
写真のネタがついに切れたから。
いつも何かの写真を貼ってたけど、もうこれといった写真がない。
ストックはいっぱいあるけど出せる写真がない(笑)
ないですか?そんな状態。
そんなわけで、そろそろ本気で新しいストックを集めに行かないと・・・
休みのたびにぐったりへばってる今月。
トリエンナーレとか行きたいなと思ってます。
さすがにでかい一眼というわけにはいかないので、NEX3でも持って行ってこようかな、と。
せっかく近くに住んでるわけですし、ね。

催眠 完全版」読了です。松岡圭祐さん、これも万能鑑定士シリーズと違う切り口ですがかなり面白いです。
あ、そう言えば5巻の発売今日だっけ?







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。