スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








氷出しコーヒー

100825coffee.jpg


いただきもののグリーンマウンテンを使って氷出しコーヒーを淹れてみました。
原理的には水出しコーヒーのようにゆっくり滴下して抽出するわけですが・・・
氷が溶けることによって滴下させるので、特別な器具がいらないのがうれしいです。
必要なのはドリッパーとペーパーフィルタのみ。

作り方はこんな感じ。

1.中挽きの豆を1人前1杯(ちょっと多めにするといいかも)をカップに入れる。
2.かなり少量の水を加えてよく混ぜる。全体に水が行きわたる程度で、ちゃんと固まるぐらいがいい感じ?
3.ドリッパーにペーパーフィルタをセットし、そこにコーヒー豆の塊を入れる。
4.表面が平らになるようにならす。
5.氷をドリッパーに入れる。(必要量)
6.ひたすら待つ。

氷が溶け始め、じわじわとコーヒーの塊に沁み込んでいきます。
そしてゆっくり抽出されたコーヒーがポタリ、ポタリと滴下します。
1杯分できるのに3時間ぐらいかかりました(笑)

ただ、熱を加えないで淹れるので、コーヒーの風味とかがちゃんと残ったままで抽出されます。
のどを通った後の香りがふわっと広がる感じがなかなか・・・
時間があるときしか淹れられませんが、飲み比べると圧倒的に味が違うことに気づかされるはず。

お暇な方はぜひ挑戦してみてください。

スポンサーサイト






affogato al caffè

100819espresso.jpg


バニラアイスにクレマたっぷりエスプレッソをかけて食べる温かい冷たいデザート。
何ヶ月か前にお店で食べてめちゃめちゃうまかったので、今さらながら挑戦。
といっても普通にかけるだけなので挑戦も何もあったもんじゃないですが(笑)
うん、普通においしい。エスプレッソの濃厚な苦みがバニラの甘さと絡み合って絶妙なハーモニー♪

アフォガートとはおぼれたアイスクリームって意味のイタリア語らしい。
アホガードではないので発音注意です。
普通のコーヒーや紅茶をかけてもいいらしいですよ。

なつcafeさんで紹介されてたのを見て思い出しました。
やってみようと思いながら数カ月、ようやく実現しました♪

350ccのカップをラテアート用にずいぶん前に買ったんですが、大きすぎてずっと食器棚にしまってありました。
アフォガートにはちょうどいいサイズだなと思い、久しぶりに登場。
それにしても・・・
こういうのを発明する人ってすごいなぁって思います。
エスプレッソレシピ、いろいろ試したいですね。



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。今日のテーマは「お菓子作りはしますか?」です。度を越して食べ過ぎると体重が気になりますが、なかなかやめられないお菓子大人になった現在も、子供の頃の気持ちを全く忘れぬまま純粋な心でほぼ毎日お菓子を食べる加瀬でございます…お菓子は食べるのも作るのも大好きで、実�...
トラックバックテーマ 第1024回「お菓子作りはしますか?」




お菓子作りのうちに入るんだろうか、これ(笑)
普通に言われるような意味でのお菓子作りはまったくしませんね。
料理もしないです。お茶漬けぐらいなら・・・・(料理ちゃうやろ)







ある朝の出来事

coffeepress.jpg冬場になると、自分の仕事かばんの中はふわっとコーヒーの香りがしています。
写真のコーヒープレスと粗挽きにしたコーヒー豆を持参で会社に行ってるからなのですが・・・
ある朝(といっても昨日の朝ですが)かばんを開けるといつもよりも濃厚なコーヒーの香りが広がりました。
そのときは特に気にもしていなかったんです。
まさかかばんの中でそんな事態が進行していようとは・・・

気づいたのは職場でコーヒーを淹れようと思ったときでした。
いつものようにかばんからコーヒープレスを取り出し、瓶詰めのコーヒーを取り出そうとビンを持ち上げると・・・

サララララ・・・・

粉末がこぼれる音。

あぁぁ~~いい匂い・・・

いや、そうじゃなくて・・・


かばんの中が豆でジョリジョリになってしまいました。
香りは好きな香りなので気にしないというかむしろ歓迎(?)ですが、あのジョリジョリはちょっと・・・

明日ガムテープで粉末をきちんと取り除かないと・・・
あぁ・・・新しいかばんもそろそろ欲しいな。


今日の教訓
ビンのふたはしっかり閉めましょう







ラテマキアートです

090603espresso.jpg

イリーのダークローストが届きました。
早速一緒に注文してた耐熱グラスでラテマキアート作ってみました。
まず先にスチームドミルク(泡たっぷりめ)をたっぷりとつくり・・・・・
上からエスプレッソを垂らします。
スチームドミルクの上から垂らしたエスプレッソは泡の層を抜けふわっと下の方で広がります。

この豆、あんまり苦くないんですね。空気をたっぷり含んだミルクの甘みで、苦いコーヒーとかだめな人でも砂糖なしでも十分飲めるぐらいの甘さになってます。

さて・・・・ラテアート頑張らなきゃ。
どうも最近不調で・・・・( ;^^)ヘ..


それから・・・丸紅今日はかなり底固かったですね。
449円の防衛ラインをがっちりと守り切った感じがすごく好感を持てました。
というわけで・・・・
下がらないのをしっかり確認して引け間際に454円で2000株買い増ししました。
明日、457円を抜けてくるとひと安心できるんですが、はたしてどうなるんでしょう?
今のところはうまくいってるわけですが・・・・・・どこかで外すと逆へ逆へといきそうで・・・
正直こんなに早く買い戻すとは思いませんでした。
(だって昨日我慢我慢って言ってたし・・・)







ひねくれ者には不要な便利さ

最近CMなども入ってるのでご存じの方も多いと思いますが・・・
ネスカフェのエスプレッソマシン。これ、すごいんです。
うちのお店にお試し用で貸し出してもらってるんですが、とにかく誰がやってもクレマたっぷりのエスプレッソが抽出できるんです。
専用のポッドをカシャっとはめこんで、あとはレバーを操作するだけ。
自分があんなに苦労して作ってるエスプレッソが、ほとんど待ち時間もないのにずっとおいしそうにできてしまう不思議なマシン。

ただ、欲しいかと聞かれればいらないと答える自分がいます。
ここまでオートで完璧にできてしまうと、逆に楽しみが半減してしまう気がするんです。
一生懸命試行錯誤した上で、ようやくうまく抽出できる過程が楽しみなのに、それを奪われてしまうような気がするわけです。

それでも、これはかなりエスプレッソドリンクが好きな方にはお薦めなのは間違いないところ。
ラテアートをしないという前提はあるものの、エスプレッソもスチームドミルクも全自動でやってくれてしまい、さらにお手入れが驚くほど簡単で・・・・・
抽出後のポッドをゴミ箱に捨て、カートリッジを軽く水洗いでOK。

でも、ラテアートはできないんですよね。
ミルクがふわふわ過ぎて、どう頑張っても絵が描けそうもない。
だからこんなマシンいらない(笑)

そして・・・・
くやしまぎれにカフェポッドの中の構造が知りたくて、抽出後のポッドを分解してやりました。
結構複雑な仕組みになってました。
くぅぅ・・・・さすが全自動・・・・

でも!!
絶対負けない!!!

見た目も味もおいしいエスプレッソドリンク、絶対に自分の手で作ってやる!!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。