スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








ブルマンNo.1ブレンド

さっそく届きました、ブルマンNo.1ブレンド
今回も届いた豆を全部粗挽きで挽いちゃいました。
もうこの挽いてる時の香りと言ったら・・・・
コーヒー好きにはたまらない香りでいっぱいになりました。
300g全部挽いてしまってミルからビンに移してる間もめちゃめちゃいい香りが・・・・

というわけで、早速飲んでみました。
ちょっと長めのハイローストで焼いてもらったのですが、とにかく香りが素晴らしい。
苦みと酸味のバランスもほどよくて、モカブレンドよりも好みの味でした。

って、表現力がないせいでいまいち伝わらないのが残念ですが・・・・
匂いとか伝えるソフトとかあったらいいのに(笑)
(その前にハードも必要だろう・・・・・)

モカブレンドと比べるとかなり高価ですが、贅沢なコーヒータイムが送れます。
それでも缶コーヒー買うよりはまだ安いし、ちょっとこの味はハマりそうです。

スポンサーサイト






少し退化、そして面白いもの発見

090228espresso.jpg

こんばんは、久しぶりにラテアート画像をアップします。
う~ん・・・・しばらくカフェポッドをつかったりしてサボってたらちょっと退化してしまいました。
これはまだましな方の写真。ひどいのはもうリーフの原形すらとどめてなくて・・・・
ミルクのスチーミングがやっぱりキモのようです。

さて、ラテアートに欠かせないエスプレッソですが、大きな圧力をかけないと抽出できないためにどこでも気軽にとはいかないのが現状。
にもかかわらず、携帯できるエスプレッソメーカーがあることを知りました。
handpresso.jpgその名もハンドプレッソ
カフェポッド専用なので、自分で豆を挽いてというのはできないんですが、お手軽さでいえばかなりお手軽です。
どうやらこれ、圧力をかけるために棒の部分を空気入れのようにシュポシュポするようで・・・・

気圧計を見ながらせっせと空気を送り込み、抽出に必要な15気圧まで持っていくということらしいのですが、40回ぐらいシュポシュポが必要なようで、意外と重労働?
エスプレッソの抽出量と言えば30ccほどなので、そのために40回のポンプ操作はお手軽なのかどうかというところでしょうか。

まぁでも、そうまでして飲むエスプレッソはきっとおいしいはず。
かさばるのさえ気にしなければ直火式のエスプレッソメーカーとかがあればいいような気もしますし・・・

でも、このアナログな感じに興味を持ってしまう変なもの好きの自分。
いや、買わないですよ・・・買わないですけど、興味が・・・・・・・・


ハワイのお土産でいただいたハワイアンコナを飲んでみました。
コーヒープレス大活躍です。
かなり独特な味なので、好き嫌いが大きく分かれそうですね。
香りも普通のコーヒーの香りとは異なり、ちょっと冷たいバニラのような香りが漂います。
(香りに温度があるわけないんですが、なんとなく冷たいイメージ)
先日買った紙のお香に似た香りでしょうか?
飲んでみると、ブラックのはずなのに苦くない。
どちらかというと程よい酸味と、やっぱりバニラのような甘み。
それらがす~~っと鼻に抜けるような感覚でしょうか。男性よりも女性に好まれそうな、ちょっと繊細な味でした。
たま~に飲むにはいいんですが、やっぱりコーヒーらしいコーヒーが好きな自分がいます。

ブルマン、今日到着予定です。
ぴったり今日飲む分でモカブレンドもなくなりますし、明日からはちょっと贅沢な珈琲タイムが送れそうです。








キャピタルゲイン?インカムゲイン?

株をしている方ならほぼご存じだと思われる単語。
でも、株をしない人にとっては全く未知の単語ではないでしょうか。
そんなわけで、「株で儲ける」とはどういうことなのかをこの二つの言葉で説明しようと思います。

まず、キャピタルゲインです。
キャピタルゲインとは「買った!!」「売った!!」の差額で儲ける方法。
このブログでもそうですが、ブログを書いてる時点できっとこの方法で儲けを出そうとしているはずです。
なぜなら売ったり買ったりしなきゃすぐにネタ切れになってしまうからです(笑)
このブログでもほとんど最近売買してないので、株ネタが減ってるのはそのためです。

そしてさらに細かく見ていきます。
「買い」→「売り」の順番で売買をし、買った時の価格よりも高い価格で売ることで差額を利益にする方法のほかに、その逆の取引をすることによって利益を出す方法があります。
「買い」→「売り」で稼ぐ方法は、ごく一般的なので株以外でもよく見かける方法だと思います。
・商品を仕入れて、利益を乗せて販売する。
・商品を作って、利益を乗せて販売する。

では逆の方法とは?
「売り」→「買い」の順番で売買をして利益を上げるわけです。
まず最初に、どこからか借りてきた株を売っぱらってしまいます。
しかし人のものを売って終わりにはできないため、どこかで買い戻すことになります。
買い戻す価格が売った時の価格よりも下がっていれば、差額の現金が手元に残ります。
こんなことをしたらひんしゅくを買いますが、こんなイメージでしょうか。
1.友達からゲームを借りる。
2.人気ゲームだったので高値で売却できた。(3000円)
3.人気が落ち着き、中古ソフト屋さんにソフトがどんどん売られ価値が下がってくる。
4.だれも見向きもしなくなったころ中古ソフトを買う。(500円)
5.友達に返す。(2500円の利益)

と、こんな感じでどちらの方法でも「差額で利益を出す」ことを目的としているものをキャピタルゲインと呼んでるわけです。
当然思惑と外れてしまうと、利益が出るはずのものが損失となるわけですので、なかなか利益を出すのは容易ではありません。


そしてインカムゲインとは・・・・
配当や株主優待など、その株を保有している間得られる「ご褒美」のようなものになります。
もちろん会社経営が厳しくなれば、会社自体が「ご褒美」を出すわけにもいかなくなりますが、安定した利益がある間は毎年ある程度の収入が得られるようになるわけです。
たとえば今の丸紅の場合。
昨日の株価305円を基準とすると・・・・・
配当は年間で14円。つまり、305円分の株を持ってると、毎年(かどうかはわかりませんが)14円もらえるわけです。
1年で305円が319円になる、という計算なわけです。
で、ここからがインカムゲインのいいところ。
もらった配当でさらに株を買えば、それにもまた配当がもらえるわけです。
いわゆる複利というやつです。
これが以外とバカにならないお話で、昔一休さんとかでも将軍様が苦しめられていたのを覚えています。

将軍「何か褒美を取らせようぞ」
一休「では、米を一粒」
将軍「そんなものでよいのか?」
一休「はい、ただし、1日目に1粒、2日目には2粒、3日目には4粒という具合に、倍の米をいただきたいのです」
将軍「そんなことならお安い御用だ」

利回りでいえば100%。しかも1日で・・・・
消費者金融も真っ青な暴利です(笑)

話を戻して今の丸紅なら利回り4.59%で、一休さんほどではないにしろ、銀行に預けることを思えばはるかに効率的な利益の出し方ではないでしょうか?
眠らせておくだけで約4.6%ずつ増えていくんです。もちろんもらった配当は再度株の購入に充てていくわけですが・・・

そして、ここに72の法則というものがあります。
72÷(配当利回り)=(倍になる年数)
72÷(倍にしたい年数)=(必要な利回り)

4.59を上の式に当てはめると・・・
72÷4.59=15.68
つまり16年後には倍になってると・・・・・そういうわけです。

16年!!長い!!
そう思うかもしれません。
銀行に16年預けても倍にはとてもなりませんよね?
これも立派な利益を出す方法。
株価が低迷を続けている今だからこそ、インカムゲインも狙ってみては??



※ただし問題がひとつ。
丸紅の 売買できる最小単位が1000株。
つまり305円でも実際は305000円が必要。もらえる配当は14000円だから、もちろんこのお金で株を買うなんてことはできないわけで・・・・
そうすると複利計算も無意味になり・・・・

なんだよ~結局お金ない人はキャピタルゲインで稼ぐしかねーじゃん・・・
インカムゲインで増やせるようになるまで頑張りましょう!!







物は試し・・・・

ブルマンNo.1ブレンドというのを注文してみました。
ブルーマウンテンが飲みたいと思いつつも、贅沢すぎるってことでブレンドに挑戦しようと思います。
前回注文したモカブレンドでも十分すぎるぐらいおいしいと感じる人間が、はたしてブルマンとの違いがわかるのかどうか。
味ももちろん興味ありですが、それにプラスして「違いがわかる男」なのかどうかということにも興味があって・・・(笑)

そして・・・・
ブレンドじゃない豆というのは味が際立ち過ぎてしまうんじゃないかという不安も少々。
好みの味ならいいんですが、好みと正反対の方向の味だったとしたら・・・・
ブレンドしてない分、豆独自の味が強く出てしまい結果として好みが分かれてしまう。
きっと自分の頭の中では「ブレンド=混ぜものあり」ということよりも「ブレンド=飲みやすいように加工してある」のイメージの方が強いんでしょう。
毎回怖くてブレンドを注文してしまうコーヒーが好きだけどチキンな自分がいます(笑)

次回は今度こそブルーマウンテン!とはちょっと言えませんが、ブレンドじゃないのを飲んでみたいと思います。

そして・・・
あの、コーヒーの味を示す4項目の組み合わせが、実際自分の舌が感じるであろう組み合わせとマッチしないのも、うまく豆が選べない要因なのかなとも考えています。
「酸味・苦味・甘味・香り」みたいな表示の意味がいまいちわからない。
読んで字のごとくなのですがたとえば・・・

ブルーマウンテン
酸味 2.5
苦味 2.5
甘み 3.0
香り 3.0

マンデリン
酸味 3.0
苦味 4.0
甘み 2.0
香り 3.5

さて、どちらの豆が自分に合ってるでしょう。
と、2者択一なら大丈夫ですが、これがもっといろんな種類の豆が並んでたとしたら・・・・
そんなこんなで選びきれず、結局気づくとブレンドを注文している、と・・・(笑)

そんなわけで、今の豆がもうすぐなくなるのでそしたらちょっと贅沢モードの豆にチャレンジです。
ちなみに・・・コーヒープレス用の豆なので、エスプレッソはエスプレッソ用で別で使っております。

ん?
モカブレンドは「酸味3.5 苦味2 甘み3 香り4.5」になってますね。
お店によってブレンドの割合が違うので何とも言えませんが、自分の鼻と舌が感じた雰囲気では「酸味2 苦味2 甘み3 香り5」という感じでした。
酸味はあまり感じられず、苦味もそれほどなく、それでいて香りは結構強い。
そんなイメージ。
ブラックで飲みやすい味という印象です。

はたしてブルマンNo.1ブレンドの実力やいかに!?







久しぶりに反発しましたね

株仲間の皆様、久しぶりにホッとできる1日になりましたね。
自分はとりあえずさらにガンガン下がるようなら買い増しをしようと、資金を集めてみました。
結局買うことはできなかったけど、やっぱり株価が上昇してくれるのはうれしいことです。
久しぶりにしっかりとした反発を記録し、とりあえず日経平均8000円台を回復してほしいものです。

わが丸紅も、久しぶりの反発でしたが、先日のナンピン買いの地点まですらまだ戻ってない状況。
今現在の株価はきっと割安なんだろうとは思うものの、我慢比べができるかどうかがネックなんだろうと思います。

ここ最近株のお話ができずにいたのですが、ちゃんと毎日チェックはしています。
ただ、買うことも売ることもできない状況が続き過ぎて・・・・・・・
今年はチャートに忠実になんて言ってた割に、すでに好き勝手な売買を始めてしまってる自分。
まだまだトレーダーとしてはかなり未熟なのではないかと思います。

少しずつでもいい。何かをつかむことができたら・・・・・・・
明日からも頑張りましょう。







ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋チーム・バチスタの栄光」の続編にあたる「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読みました。
海堂 尊さんの医療ミステリとして登場したチーム・バチスタの約1年後という設定で、再び東城大学医学部付属病院を舞台に田口先生と白鳥圭輔が走り回ります。

今回のこの「ジェネラル・ルージュの凱旋」ではミステリはなりを潜め、ドラマ「医龍」や「白い巨塔」のような院内政治がピックアップされています。
そして驚くべきことに「ナイチンゲールの沈黙」と全く同じ時間軸でストーリーが進行していきます。
ナイチンゲールではチョイ役だった田口先生や白鳥さんが、裏でこんな事件を担当していたとは・・・
そして・・・ジェネラルルージュと渾名される速水先生の本来の切れ者の姿。
速水先生がジェネラルと呼ばれるようになった伝説の出来事を知ったとき、彼の偉大さに感動すら覚えます。

そして、そんな英雄速水先生が癒着というらしからぬ容疑をかけられてしまっているというのがこの本の面白い所。

そしてバチスタスキャンダル以来、無理やり与えられてしまった田口先生の院内権力。
その権力を疎ましく思うエシックス委員会委員長。

3月7日に映画が封切られます。
映画、ドラマとも原作である本とはキャラクタ設定が微妙に異なっており、原作を読んだ後でも十分楽しめるんじゃないでしょうか。
それから物語の中の登場人物白鳥圭輔が語る「死因不明社会」を読んでおくと、ますますこの本は面白く読めるんじゃないでしょうか?

医療現場の様々な問題をエンターテイメントとして読ませる海堂さんの実力がフルに発揮された一作だと思います。







コーヒープレス・カフェプレス・フレンチプレス?

まず、久しぶりにカテゴリに変更を加えました。
カテゴリわけというのは便利なようでいて、実は分ける側にとってはなかなか難しい問題。
ブログに限らず、いろいろカテゴリを分けてそこに入れるようにすると、きちんと整理できてる錯覚に陥りやすいのはよくあること。
「ラテアート」の項目にコーヒー全般の話を入れてしまってもいいものかどうか・・・・・
グレーゾーンの処理に困るわけです。
そして・・・・
カテゴリを新設すると、今度は今まで「ラテアート」に入れてた中で実はそうじゃないものが目についたり・・・・・

頭の中で今まで通用していたカテゴリわけが破綻した瞬間、整理できてると思いこんでいたものすらめちゃくちゃになってしまう。

情報は1冊のノートにまとめなさい」の奥野宣之さんは、人間にとっては時系列での記録がいちばん便利だと言ってます。
新たなカテゴリが発生した時の労力と混乱、グレーゾーンの項目をどのカテゴリにしまったのか不明になる。
結構よくある話だと思います。

と、そんなことはどうでもよくて・・・・
コーヒープレスのお話。

おいしいコーヒーを飲むためにコーヒープレスを使ってちょっとひと工夫。
それだけで味も香りも結構違ってくるようです。
ボダム ミニトラベルプレスをご検討の方がもしいれば、一応レビューという感じで見ていただければと思います。

coffeepress6.jpg
まずはふたをはずします。カップの内側に水滴などがある場合はきれいにふき取りましょう。
水滴が豆に触れると、それだけで抽出が進み味が変わってきます。
(変わるらしいです)
coffeepress7.jpg
粗挽きの豆を入れます。粗挽きじゃないと、金網のようなフィルタを使うので網の目をかいくぐってきます。
口の中に奴らが飛び込んできた時のガックリ感といったらもう・・・・・・
そんなことより、豆はできるだけ平らになるように軽くカップを揺さぶります。こうしておくと均一な抽出ができます。
coffeepress8.jpg
お湯を豆全体が浸るぐらいに入れます。いわゆる焦らし・・・・じゃなくて蒸らしと言われる状態です。
時間にして40秒ほどこの状態をキープ。
豆が水分を含んでじわっと膨らんできて、豆の内部にたまっていたガスがポコポコと浮かんでくるのを見守ります。
この時の香りがたまらないので40秒はあっという間だと思います。
coffeepress9.jpg
ゆっくりとお湯を注いでいきます。
言い忘れてましたが、お湯の温度は75~80度ぐらいがいいようです。ポットから95度とかのお湯を注ぐと、出来上がった後しばらくは熱くて飲めません。
そして飲めない間にさらに抽出は進んで・・・・・・ということになります。
ポットのお湯を別の容器に移して、若干水で割っちゃうのも手かもしれません。

それから注ぎ方ですが、だ~っと注いでしまうと豆が中でぐるぐる回ってしまいますので、カップの端を伝うように注ぐ方が良いようです。できるだけ豆を動かさないように気をつけながら注ぎます。
coffeepress10.jpg
ふたを取り付けます。
フィルタをゆっくりコーヒー表面に浮かせるようにして、そっと回して取り付けます。
勢いよくフィルタをコーヒーに当ててしまったり棒を引っ張り出さずに取りつけると、フィルタが斜めのまま表面に入ってしまい、豆をすくいあげてしまいます。
あくまでそっと・・・・
優しくコーヒーを抽出しましょう。
coffeepress11.jpg
時間にして4分。インスタントやペーパーフィルタでコーヒーを淹れる方にはちょっと長いと思われる時間。
このぐらいが粗挽きの豆の抽出に必要な時間のようです。
自分は英字新聞の1面をざっと目を通すと大体4分なので、コーヒーの香りを感じながらアルファベットと戯れます。
というのは・・・・・もちろん冗談で・・・・・
英字新聞なんて読ませたら、4分が長くて長くて・・・・何度も繰り返し時計を見てしまいます。
そもそも読めないわけですが(笑)

そんなこんなで4分たったらあとは飛び出してる棒を押し込むだけ。
押し込むだけなんですが、とにかくゆっくりと、まっすぐ丁寧に押し込みます。
20秒ぐらいかけて押し込むぐらいの感じがいいようです。
斜めに押し込んでしまうと、フィルタとカップの隙間から奴らが迷い込んできます。
せっかくここまでうまくいっても水の泡に・・・・
早く飲みたい気持ちを抑えて、最後の仕上げをしましょう。
棒は最後まで押し切らず、ちょっとだけ残すぐらいのほうが良さげです。

これでコーヒープレスによるコーヒーの抽出は終了です。
あとはやけどに気を付けて飲むだけです。
ちなみに・・・・カップが二重構造なので熱があまり外に伝わってきません。
手で触れている温度を頭が勝手に解釈してしまうと、本気でやけどします。
↑「そんなドジは踏まないよ」とお思いかもしれませんが、人間の脳は結構頑固です。
80度近辺の温度だってわかってるつもりなのに油断します。
ポットから直接注いだときはかなり注意した方がいいです。(体験談)

最後に・・・・
慎重に慎重に作ったコーヒーですが、どうしても多少の豆が混入します。
茶葉のいっぱい入ったお茶を飲む時の要領で、あまり揺さぶらないで飲んだ方がおいしく飲めます。
それからもったいながらず、少し残すぐらいにした方が精神的にもよさそうです。
(自分は最後のギリギリセーフを狙って飲みますが、たまに失敗します)

と、こんなところでしょうか。
ペーパーフィルタに比べてフィルタの目が粗いせいで、豆との戦いになりますが、目が粗いおかげでコーヒー豆に含まれる油分などのおいしい成分もきっちり抽出できるのがコーヒープレスの良い点。
ペーパーフィルタとコーヒープレスと飲み比べしてみても面白いかもしれません。
(ペーパー使うときは中細挽きで・・・・・粗挽きそのまま使うときっとうすーいのができます)

ちなみに、コーヒープレスはカフェプレスとかフレンチプレスとかいろいろ呼び方があるようです。





この情報は役に立ちましたか?

役に立った          役に立たなかった






(って、どちらもブログランキングにリンクしてたり・・・・・・・・・っておい!!)
夜明け前でテンションの高いたくがお送りしました。
ランキングぽちっとしていただけるとうれしいです。







丸紅さらに追加で1000株買い

coffeepress5.jpg

こんばんは。
丸紅これで3000株になりました。316円で1000株追加購入です。
これで資金目いっぱい買いこんでしまったので、あとはいつものごとく放置モードに突入します。

それにしても・・・・
日本の株大変なことになってますね。 誰も買っていないような状態に見えてしまいます。
だからこそこれほど割安な状態にいろいろな銘柄が置き去りにされているんでしょうけれど・・・・
ここはじっくり少しずつ買っていくのが正解なんでしょうか?
とりあえず来週中に投資信託を給料の一部でさらに買い増しておこうと思います。
毎月2万円ペースで買ってるんですが、今回はかなり安く買えそうです。


さて、写真のコーヒープレスですが・・・・
エスプレッソ抽出後のミルを使って豆を挽いたので、エスプレッソ用の粉も混じってしまいました。
その結果味もそうですが、網目のフィルタを通過してしまいザラリとした飲み心地に(笑)
次に作る分からはきっと上手にできるはず。
毎回粗挽きとエスプレッソ用とで挽き方を変えるのも面倒なので(その都度ミルのおそうじがいりますし)モカブレンドは全部挽いてしまおうと思います。
挽いた豆を会社に持って行けば、あとはいつでもお湯だけで飲めますし♪

飲み終わった後の豆の手入れですが、噂どおり思ってた以上に面倒です(笑)
もう少しぎゅ~っと絞り込めると水分とコーヒー豆が分離できて捨てやすくなると思うんですが・・・
エスプレッソの抽出後のような形で出てこないかなと思ったんですが、ちょっと期待しすぎでした。
まぁ、いい方法を探したいと思います。

あ、あと、言い忘れてました。
250ccの容器を使っていますが、実際に飲めるのはおそらく180ccぐらいじゃないでしょうか。
あまり上の方まで注ぎすぎてはだめなようですし、下の方はコーヒー豆が溜まる場所になるので飲みきれません。
さらに、最後の方はどうしても雑味成分が混じるので残した方が良さそうです。
今回はかなりじゃりじゃりしてましたし(笑)



追記:2回目のコーヒープレスはうまくいきました。
最後までじゃりじゃりのないちゃんとしたコーヒー(笑)
ペーパーフィルタでは取り除かれてしまううまみ成分がちゃんと抽出できたかどうかは不明ですが、すっきりとした中に酸味の感じられる味わいだったような・・・
ブラックでいただきましたが、苦味はそれほど強くなく、ブラックでもそれほど敷居の高くない味?
そんな感じでした(てきとーなコメントですみません)







なんかわかってきたような・・・・・

090220espresso2.jpg

だんだん激しく失敗というリーフがなくなってきました。
しばらくスランプに陥ってたのがウソのように、なぜか急にうまくいくようになってきました。
いままでのあの失敗たちはなんだったんだろう・・・・・

ここ最近でわかってきたことをさらっとメモ程度に書いておきます。

1.フォームドミルクは表面がなめらかで、微妙にふわっとした感じが理想。
   泡っぽさが見えるようなのはリーフ描きづらいようだ。

2.注ぐときは最初はできる限り細くゆっくりと注ぐ。
   ある程度注いだらピッチャーを近づけ、ミルクが浮いてきてなくても左右に振りはじめる。
   この時のミルクの注ぐスピードは細く落としてる時の1.5倍ぐらいのスピードに変更。

3.ミルクが浮いてきたら振りながら最初はその場で左右に振り続ける。
   注いだミルクが広がりながらカップの奥側へ押し出されていくようなイメージで
   注いでいく。

4.ある程度広がったら、あまりピッチャーを振る大きさを変えずに少しずつゆっくりと・・・・
   ピッチャーから出ていくミルクが均一になるように気をつけながら手前に引いていく。

5.端の方まで揺らし切ったら一瞬手を止め、ピッチャーを少し持ち上げて
   あとは一気に奥へ向かって真っすぐミルクを落とす。


と、こんな感じでしょうか?
文字にするとややこしいけど、これが自然にできるようになってこればもっと安定したリーフが描けるはず。
ここから先は少しずつ葉数を増やして均整のとれたリーフを描いていこうと思います。


coffeepress4.jpg

それから、ボダム ミニトラベルプレス届きました。
さっきカプチーノを飲んだばかりなので、もう少ししたら試してみたいと思います。
二重構造になってるせいか、思ってたよりも横に幅が広いです。
造りは・・・・・割とチープな感じ(笑)
まぁ1480円ですしこんなもんでしょうか。







珍しく2連続で!

090220espresso.jpg

少しずつレベル上がってきてますよね?
2連続でこのレベルのリーフが描けたのは実は初めてかも!
思わず我が右手が友情出演してしまいました(笑)
今日の特訓はここまで。
眠いので速攻で寝ます。
おやすみなさい・・・・・・・・・zzz







試行錯誤途中経過紆余曲折

090219espresso.jpg

というわけで、四字熟語×3という意味のわからないタイトルにしてみました。
ラテアート、今こんなレベルです。
拡大写真を見ていただくとわかるのですが、根元の方はそこそこできてるはずなんです。
それが上の方に行くにしたがっていつものダラダラな感じに・・・・・
先に行くほど細くなるようにと思って揺らしてるんですが、意外とあまり意識しないで揺らし続けた方が結果が良くなりそうな気がしています。

そしていまだによくわからない揺らしはじめのタイミング。
もう少し早く揺らしはじめたらもっと大きなリーフになるのかなと思ってみたり、早すぎるとミルクでかき混ぜてしまうだけで色が薄く混ざってしまうのかなと思ってみたり・・・

早目にミルクが浮いてこれば、きっと余裕をもって大きなリーフを描けると思うんです。
それでも浮いてくれない・・・

浮かせるためにはピッチャーを近付けることと、あとはきっとスチームドミルクの泡の含んでる量にもよると思うんです。
泡を含めば含む程浮きやすくなるはず。ただ、ボワボワになってしまって今度はうまくリーフが描けない。
泡をたっぷり含んだきめ細かなスチームドミルクをいかに作るか。
これが今の課題のようです。







注文ミス・・・・

え~と・・・注文ミスが発生してました。
といっても投資信託の話。
先月の終わりに買った分の注文を間違えてたことが今頃になって判明。
えと、もう19日ですけど・・・・汗

何を間違えちゃったかといいますと、配当金を再投資するのか受け取るのかの設定。
受け取ればその分は確実な利益となるのでお得なようですが、それを再度投資に回した方が基本的には複利計算で増えていくので利が乗り始めると大きいはずなのですが・・・
いつもは再投資型で買ってるのに、なぜか受取型を選んでました。
これって設定直せないのかなぁ?
また暇な時にでも見てみよう。
無理ならそのまま放置しても問題ないぐらいの金額だし、これに対する配当といったら・・・・・

直せそうなら直す、無理なら放置。
うん、これでいこう。

と、初の投資関係でのミスをしてしまいました。
大きなミスじゃなくてよかった・・・・・・・







なかなか・・・

coffee001.jpg

真夜中の更新になってしまいました。
特になにをしてたというわけではないのですが、気づけば今日もこんな時間。
そして・・・・ちょっとだけカフェな空間を作ってみようと思い立ち、適当なものを見つくろって置いてみました。

すべて100均で揃えたのですが、まずまずの出来?
と、無駄にお金を使ってる自分がいたりします。
まぁ、気分転換ってことで・・・

ラテアートは・・・
まだまだ試行錯誤の連続。ただ、写真こそ撮ってないもののほんの一部分だけそれっぽいリーフになってたりするのがちらほらと・・・・
あとはこの状態を安定させて描ければ完成なんです。
状態を安定させられれば・・・・(笑)

それからボダムのコーヒープレス、結局注文しちゃいました。
またまた増えてしまうコーヒーグッズ。
会社でも3~5杯コーヒーを買って飲んでることを思えば、これ持って行った方がはるかに安上がりだなという計算もあるのですが・・・・・
そんなことより本当は「面白そう!!」って気持ちの方が強いのが本音。
きっと「変なもの集め」とコーヒーの延長線上にあるアイテムが今の自分のヒットアイテムなんじゃないかと分析してみたりして。

あ、それから豆も一緒に注文しました。
エスプレッソ用に買った豆ではやっぱりおいしくなくなっちゃうので、ちょっと思いきってブルーマウンテンNo.1を!!

と、思ったのですが想像以上に高くて見送りました。
さすがブルマン・・・・・
ちょっとレベルを落としてブレンドにしようとも思ったのですが・・・・

結局モカブレンドに落ち着きました(笑)
さすがに衝動買いしまくってる自分でも、株のマイナス分とか株のマイナス分とか株のマイナス分とか考えると、高い豆が本当にいるのか?って思ってしまうわけです。
そんなわけでまずはこのあたりからスタート。
少しずつ、少しずつ自分が気付かない程度にレベルを上げていこうと思います。
ちなみに・・・・
高い豆といえば幻のコーヒー スマトラ・アチェ・コピルアックなんてのも・・・・
なんでもジャコウネコの糞の中から取れた豆で、生産高はかなり少ないらしい。

なんでわざわざ糞の中に混じってる消化されなかった豆を焙煎して飲むかなぁって思うかもしれませんが、そこには悲しい歴史があったりして・・・

当時のコーヒー農家の「作れど作れど貧しい生活」で、自分たちの作ってるコーヒー豆が自分たちの口に入ることはなかった時代。
仕方なくジャコウネコの糞から見つかった豆を農家の人が飲みはじめたら、これが普通の豆とは全然違う味わいでおいしかったとか・・・

そういう話を聞くと、飲んでみたくなる自分がいます。
少ない生産量、糞の中からとれたという話。
「変なもの」心がくすぐられます。

こうして不景気不景気といわれながらもわが財布からは次々とお金が消えていくわけです。







日々を楽しく過ごすために

この記事のタイトルをブログタイトルと同じにしたのにはちょっとした意味があります。


「日々を楽しく過ごすために」

そんなフレーズのもとこのブログは始まりました。

誰もが楽しく過ごしたい。でも、現実にはなかなかそうはいかない。

そしてもちろんこのブログを書いてる自分自身も本当に日々を楽しく過ごしているのかと問われれば、

そうでない日もあるというのが本当の所。


日々の小さな喜びをうまく見つけることができたら・・・

きっと日々は楽しいものへと変わるはず。


そして・・・

日々の小さな喜びを見つけられるのは「今」をちゃんと見ているかどうか。

「今」がうまくいっていないのは、誰のせいでもなく自分のせいなんだと自覚して、

「今」どうするのか、どう感じているのかを大切にする。

視線は「過去」ではなく「今」そしていずれ訪れるであろう

「未来」という名の「これからの今」を見つめる。


「してきたこと」よりも「したいこと」を優先させていけば、きっと毎日が楽しくなるはず。



日々を楽しく過ごせてますか?

今からでも遅くありません。 何かを始めてみませんか?








いつもと思いっきり雰囲気変えてみました(笑)
実はお世話になってるやみなさんのブログのこの記事に共感を覚えたというのが最も大きな理由。
「過去」よりも「今」が大事だと気付くこと。
自分なりの言葉で表現したらどうなんだろう?

そんな思いつきからこんな記事になりました。






そしてこれはここだけの話。

このブログを検索で探り当てる方のトップが、今までは「プロパスト」「倒産」だったんです。
なんとも暗い話題で検索に引っかかってしまってたものです。
ちなみにもちろん倒産もしてませんし、プロパストが倒産するなんてことを書いた覚えもありませんが、たまたま2個のワードが近い位置にあったため検索に引っかかってたんだと思います。

それが久しぶりにGoogleで「日々を楽しく」で検索してみたところ、いつの間にか一番上にこのブログが表示されていることを発見しました。
約231,000件の中の一番上ですよ!!
前に見たときは2ページ目だったか3ページ目だったと思うのですが・・・・

で、「日々を楽しく」で検索していただいた方が目的通りのブログだったのかどうかと思うと、実はかなり自信がなかったりして・・・・・・・・
そんなわけもちょっとあり、たまには「日々を楽しく過ごすために」なことを書こうかなと。

きっといろんなタイミングが重なったんだと思います。


やみなさんのブログ、Googleの検索順、そして丸紅のぐうたらぶり(笑)

「今」だからこそ書ける文章もあると思います。
きっといつもならこんなのを文章にはしないと思うのですが・・・・
ま、たまにはいいでしょう。


それから・・・
ジェネラル・ルージュの凱旋を読み始めました。
海堂尊さんのチーム・バチスタシリーズの新刊。
ジェネラル・ルージュ速水部長かっこよすぎです。
ナイチンゲールの沈黙にちょいちょい顔を出してた時にはこんなにクールなイメージはなかったんですけどねぇ・・・







さすがはエスプレッソブレンド

はい、今日も残念ながらリーフの写真はなしです。
試行錯誤してるせいか、なかなかこれだ!!ってのに巡り合えないままガブ飲みしてます(笑)
ただ、今度のコーヒー豆はどちらも本当においしい!!
カプチーノを作るとぴったりマッチするようにうまくブレンドされてるっぽいです。
どちらがおいしいのかと聞かれると、かなり迷ってしまうほど甲乙つけがたいといったところでしょうか。

さて、エスプレッソからちょっと外れて、最近気になってるアイテムがあります。
コーヒープレスとか、カフェプレスとか呼ばれてるアイテムです。
その名の通りコーヒー関連のお道具なわけですが、抽出後の豆以外ゴミが出ないという優れもの。

粗挽き豆とお湯を注いで4分。
網の目になったフィルタをぎゅ~っと押し下げて抽出後の豆を底に固めたら出来上がり。

これ以外のカフェプレスでは、このあとマグカップなどに注いで飲むんですが、これは蓋の一部がカチャッと開けられて直接飲めるようになってるみたいです。
よさそうじゃないですか??

小さいほうのサイズで250ccで、大きい方は470ccらしいです。
(写真は小さいほう)
いただき物の豆がずっと封も切らずに残ってる状態ですし、これと豆を会社に持って行ったら、会社で飲むコーヒー代もかなり浮くような・・・・・・

1日3~4回ぐらいコーヒー飲んでるし(会社だけで)
↓こんなふうになるようです。
coffeepress2.jpgこの上に出てるのを押し込むと、中のフィルタが下がって豆を底に沈めるらしい。
coffeepress3.jpg
で、カパッとふたを開けるとそのまま飲めてしまう・・・と♪
(ただ、最後に豆の処理をするのがちょっと面倒だとか・・・・)







ちょっとくたばってました・・・・・

実は2日間ほど頭痛に悩まされてました。
もうとにかく頭がガンガンしてて、仕事もふらふらの状態で・・・・
ついに自分にもあいつがやってきたのか?と思いましたが、どうやらいつもの偏頭痛のようでした。
たっぷり睡眠をとって、今日はお昼からの出勤だったのですが、だいぶ痛みもひいて普通に仕事こなせました。

で・・・・
ちょっと間が空いてしまいましたが、澤井珈琲店のヨーロピアンクラシック飲んでみました。
エスプレッソを抽出すると、クレマはほとんど出ませんでした。
エスプレッソブレンドに比べると半分ぐらいの厚み??
そして・・・
苦いっ!!!
砂糖入れてもピリッとするような苦さ(笑)
これはソロでは飲めないですね。

ただ・・・
カプチーノを作ると、今度は妙にミルクの甘みとマッチしていい具合な苦さに!
ビターチョコレートのような味わいが生まれました。これはアリですね。

ん?写真ですか?
リーフ描こうとしてギリギリまで注いだ結果、見事にこぼれました。
もちろんお見せできるレベルじゃないほど悲惨な目に・・・

まぁでも、味はかなりいいですよ。
ぜひ飲んでいただきたいぐらいに♪


まだちょっと本調子ではないので、今日も早めに寝ようと思います。
おやすみなさい。
皆様もお体壊されませぬよう・・・・・







眠いのでささっと・・・

090212espresso.jpg

結局新しい豆の封を切りました。
香りはエスプレッソ用の豆ならではの独特な深い香り。そして豆はかなり深く煎られてるようで、表面はかなり黒く、そして中から艶々と輝くほど豆の脂分がにじみ出してました。
澤井珈琲店のエスプレッソブレンドは煎り具合の指定ができない半面、エスプレッソ専用に焼かれてるそうです。
見た目はイタリアンローストに近い感じがしますが、説明文を見るとフレンチローストだそうで・・・
(イタリアンローストの方がより深煎り)

で、最初の一杯はやっぱりエスプレッソで素直に飲んでみます。
ほとんど出番のないショットグラスに抽出して・・・・
う~ん、クレマの状態はまぁまぁですが泡の量がもう少しあってもよさそうな気が・・・
豆に合わせて次はもう少し細めに挽いてみよう。
それでも抽出直後はほとんどが泡のようなうすい茶色の液体がふわふわと落ちてくるような感覚でした。

そしてここに砂糖をスプーン一杯分投入。
あまり混ぜずに軽くグラスを揺らしてなじませて・・・・

1口目はエスプレッソならではの苦みとコクを楽しみ・・・
2口目で砂糖の存在感とエスプレッソのほろ苦さを楽しみ・・・
そして3口目は溶けきらない砂糖の甘みで口の中の苦みとなじませて・・・

ラテアートのためにミルクを入れて飲んでますが、エスプレッソうまいです。
今さら?って気もしますが、コーヒーとは全く別の飲み物です。
レギュラーコーヒーなどにある酸味は全くなく、強い苦みとコクが口の中にいっぱいに広がります。
たった30ccほどの量ですが、飲んだ後しばらくはエスプレッソの香りが口の中に漂います。

たまにはエスプレッソもいいですね。
明日はヨーロピアンクラシックを試してみたいと思います。
こうやってゆっくりとエスプレッソを楽しんでると、今度はエスプレッソ用のカップも欲しくなってきます。
今使ってるカプチーノ用のカップと同じノバポイントのデミタスカップがよさそうな・・・
少しずつコーヒーグッズが増えている今日この頃。
まだまだ増え続けそうな予感です。







BG、あるいは死せるカイニス

BG、あるいは死せるカイニス (カッパ・ノベルス)続けざまにもう1冊本の紹介を。
BG、あるいは死せるカイニス
石持 浅海さんの小説。
キンと澄み切った冷徹な推理が楽しめる石持作品の中でも、ちょっと毛色の違うミステリ。
そして一番のミステリは全く意味のわからないこのタイトル。

BGって?カイニスって??

BGはこの話の中でも中核を占める言葉。
物語の中でのこの言葉の意味は「他とは違う優れた人」
しかし実際にはそれよりもずっと深い意味が込められている。
主人公の姉の死から世界の変貌が始まる。

そしてカイニスはWikipediaによると・・・・・(カイニス=カイネウス)

変身譚
伝説によれば、カイネウスは女性だった頃に海神ポセイドーンに強姦されたという。ポセイドーンが償いとして願いを何でもかなえると言ったところ、カイニスはこんなことが2度とないように男に変えてほしいと願った。そこでポセイドーンはカイニスを不死身の身体をもつ男に変えたとされる。 別の伝説によると、ポセイドーンは強姦ではなく、カイニスから合意を得ることができたとされる。ポセイドーンはカイニスへの礼として、彼女の男になりたいという願いを叶えたという。

男になったカイニスは神々に対して冒涜的になった。カイニスはカイネウス(カイニスの男性形)と名前を変え、僭主となり、神々ではなく自分の槍を崇拝した。のみならず、その槍を人民にも礼拝させた。


カイネウスの死
後にラピテース族の王ペイリトオスがヒッポダメイアを娶り、その結婚式を挙げたとき、カイネウスはテーセウスやケンタウロス族らとともに式に招待された。ところがケンタウロス族は酒で酔っ払い、欲情して花嫁やその他の女性たちを奪おうとしたため、会場は大混乱となった。カイネウスはペイリトオスやテーセウスらとともにケンタウロス族と戦った。しかしカイネウスの涜神ぶりを苦々しく思っていたゼウスはケンタウロスたちをそそのかし、カイネウスを特に攻撃するように仕向けた。ケンタウロスたちはカイネウスに罵声を浴びせ、女が男のふりをしている、武器など持たず糸巻棒でも握っていろ、などと侮辱した。そしてカイネウスを取り囲み、樅の大木でもってカイネウスの頭を何度も打ちつけ、地面に埋め込んで窒息死させた。あるいはカイネウスの上に大木を幾重にも積み上げて殺した。その場にいた預言者モプソスの証言によると、大木の山の中から金色の鳥が飛び出して天に昇ったとされ、モプソスはそれをカイネウスの魂だと信じたとされる。混乱が収まったあと、カイネウスを埋葬しようとすると、カイネウスの身体は女に戻っていたとも言われる。

なお、ヒュギーヌスによるとカイネウスは自殺したという。


と、こんな感じで紹介されている。
本を読み終わってから読むこの説明はまさしく「ははぁん、なるほど」としっくりくる。

この本の中の世界では人間は雌雄同体の生物で、生まれたときは全員が女性の姿で生まれ落ちる。
そしてその中で優秀な個体だけが男性へと姿を変えて子を作る。
つまり男性になれることは「生物としての優秀さ」の証明とされる世界なわけです。
普通ではありえない世界の中で起こるレイプ殺人。
4人に1人しか男性が存在しないこの世界でのレイプ殺人といえば、女性が男性をレイプするということを意味する。
にもかかわらず主人公の姉がその被害者となることで、当初は変質者の仕業なのではないかとの見方が有力視される。

しかし捜査が進むにつれ、どこか、何かが違うことがわかってくる。
本当にただの変質者の犯行なのか。
捜査の中に見え隠れする、BGというキーワード。

主人公の姉「優子さん」の考えていたこととは?



最初の「女性が男性に変化する」というニュアンスをうまく理解できるようになると、格段に面白くなるこの本。
人間は生まれたときに男か女か決まっているという大前提を取っ払ってしまってるにもかかわらず、その世界の中でも冴える石持小説。
怖いぐらい頭いいです、この人。







黒い森

黒い森しばらく前にお借りしていた本「黒い森」。
おどろおどろしい表紙ですが、なかなか面白い本の構造をしています。
見た目は普通の本なんですが、裏表紙が逆さまにプリントされているんです。
背表紙を見なければどちらが最初か分からなくなるような不思議な本の構造。
そしてほぼ真ん中にある解決編の袋とじ。

中身はというと・・・
親の理解を得られない二人の男女が、「ミステリーツアー」という行き先不明のツアーに参加します。
しかし参加するのは片方のみ。
ミステリーツアーの目的地で落ち合うという約束を信じて、一人でツアーに参加することになります。

どこか調子の外れたツアーのコンダクターと、なぜか影のあるツアーの参加者たち。
彼らの向かう先は樹海。

ミステリーの形をとったホラー小説。
樹海の持つ生命を寄せ付けない恐怖と、ひたひたと忍び寄る悪意。
そして目的地で待つのは・・・・

「生存者」はすらすらと何も考えずに読めるんですが「殺人者」を読み進むにつれて、「生存者」とのつながりがいろいろと浮かんできます。
時間的なズレがあるのかないのか、二人は一体何を持ち寄ったのか?
なぜかズレる二人の見解。

解決編というのが本の中ほどにありますが、それを読まなくても充分楽しめる本。
そして解決編を読むことで、2つの話がきれいにリンクします。
時間的なズレの解決、なぜ2人は別々に誘い出されたのか。

犯人がだれかということよりもずっと、なぜこのミスリンクが発生してしまったのか。
この本の最大の謎はそれに尽きます。

おどろおどろしい富士の樹海をテーマにした、不思議なお話でした。







ようやく届きました

sawaicoffee.jpg

届くまでに5日かかった今回のコーヒー豆。
そして楽しみだったコーヒーの香りの芳香剤。
コーヒーはまだもう少し前の分があるので飲んでませんが、芳香剤はかなりいい香りがします。
中に入ってるのがしっかり焙煎され、挽かれた豆が入ってるので当然コーヒーの香りがするわけですが・・・

想像してたよりもかなりいい香りです。
苦みのある、それでいてチョコレートのような甘さを感じる独特な香り。
部屋の中があっという間に大人の空間になりました(笑)

090211espresso.jpg

で、そんな香りに触発されて入れたカフェラテがこちら。
ふわりと広がる香りをミルクの広がりに例えて表現してみました。

はい、もちろん嘘です。そんなスキルはまだ持ち合わせておりません(笑)
気づいたらチューリップのような不思議な図柄が出来上がってました。
ま、結果オーライってことで。


今残ってるコーヒー豆を消費するのはおそらくあと2回ぐらいなので、この新しい豆の感想はまた明日にでも書こうと思います。




それから・・・
懲りずにまた丸紅に参戦しました。
333円で2000株。
何と昨日の安値で買えてました。
まさかここまで下がらないだろうと指値注文入れておいたんですが、仕事が終わってビックリ!!
か、買えてるじゃん。

でも、昨晩のNYは大荒れでしたし、もしかしたら変なタイミングで買っちゃったのかも・・・・
とりあえず今日の夜リバウンドしてくれないかなぁ。







利確千金?

丸紅、ビビってまた売ってしまってる自分がいます。
昨日334円で買い、今日337円で売りました。
一応6000円のプラス。
それにしても3日連続で高く寄りつきそこからじわじわ下がってくるのって、あまり見ないチャートですよね?
350円の壁が予想以上に厚いようにも見えますが、どこか作為めいたものも感じます。
って、これだけ大きな金額が動く銘柄で作為なんてものが通用するのかどうか、一般人の自分には理解不能ですが・・・・

さて、どこかの誰かの作為だとして、次の買いのタイミングはいつなんでしょう?
大きくギャップダウンして始まった時?
それとも今度こそ高く寄った時?

しばらくは株価が水平移動してるので、動きが出るまでじっと我慢を決め込もうと思います。
(そしてそういってる舌の根が乾かぬうちに買ってたりする自分がいたり・・・)
明日安く始まったら軽く買ってみようと思います。

それから、最近あまり写真がアップできないラテアートですが・・・・
どうもちょっと不調。
ミルクの泡が大きすぎるのか、なかなかきれいなリーフになりません。
次にアップする写真こそは「おお!」っと驚いてもらえるようなものを作りたいと思います。







インフルエンザ・・・・

と言っても、自分のことではありません。
会社の人が今のところ2人感染し、ちょっと危険な状態だったりするわけです。
ギリギリの人数でお客さんをこなしてる関係上、ひとりが休むだけで完全崩壊につながったりして・・・
まぁそれでも、インフルエンザだってわかってる人に無理して出てきてもらうのはその人にとっても、一緒に働いてるメンバーとしても迷惑な話で・・・

とそんなわけで、かなりバタバタとした数日が続いてました。

さて、株の方ですが・・・
何を思ったのかまた丸紅買いました。しかも343円で(笑)
安く売って高く買う!!
で、買った後急落。う~ん、なんなんでしょうね、これ・・・

ま、今回はしばらく様子を見るとします。







1g1円って! 安っ!!

kaoribukuro.jpgそろそろエスプレッソ用の豆が切れそうなので、今回は例の香り袋のこともあり、いつもと違うところで注文してみました。
香り袋の話を会社の人にしたら、店の香り出しにも使いたいなんてことになり、余分にもう1個注文。
ただ・・・香りは2週間ぐらいしか続かないんだとか・・・
まぁそれでも興味が勝り注文へ。

それから・・・・
肝心のエスプレッソ用の豆を2種類注文。
ひとつはヨーロピアンクラシック 200g
そしてエスプレッソ用にブレンドされたエスプレッソブレンド 100gを2個。

2500円のお買い上げです。
エスプレッソブレンドは100gずつしか売ってないようで、500gにすると2250円とかなり割高に・・・・
ヨーロピアンクラシックは500g1580円だからかなり価格差があります。
要は味しだいってことなんですが、はたしてどうなんでしょう。
あとはミラノブレンドなんてのもエスプレッソに向いてそうですが、これはまた別の機会に。
色々飲み比べとかできたらいいなと考えております。

1yen.jpgさてそう考えると1g1円というのはものすごい安さなわけです。
前述のヨーロピアンクラシックで1gあたり3.16円。つまり3分の1以下の価格。

そしてさらに言えば・・・・
コーヒー1杯作るのに7gだとすれば、7円でコーヒーが飲めてしまう計算。
自動販売機でコーヒーを買うことを思えば、その差は約17分の1。
なんでこんな安いんだろう???

何かおいしそうなコーヒーないかなって探してたら発見したこの1円コーヒー。
エスプレッソ用としてはどうなんだろうって豆だったので今回はスルーですが、良さげな豆が1円で売ってたらまとめ買いしないと!!
(いや、まとめ買いはだめでしょう・・・劣化するし)

そんなわけで株は今日もお休み。
まだ次の機会が巡ってきそうな気もするので、しばらくは資金を温存して動けるように待機です。







やっちまったなぁぁ・・・・・な1日

090204espresso.jpg

緩急をつけて注いでみたリーフ。
形はいいけどやっぱりちょっとリーフとは呼べない代物の完成(笑)
今回は最初にそそぐスピードをゆっくりと、あまりミルクが対流しないように注ぎ、浮いてきたら一気!!
やっぱりなんか違う・・・・
まぁでも見た目きれいだからとりあえずOKで。

そんなことより・・・・
丸紅、大変な振り回されようで・・・・・・・・・・汗
昨日思い切ってさっさとロスカットしたのに、今日20円も上げるってどういうことでしょう。
見事に売らされた感の強い自分。
ただ・・・ただそれでもあのまま下がっていくことを考えたら少ないロスで済んだのはOKなのか?
全部の取引をプラスで終わることができない以上仕方のないこと。

わかってはいるけどやっぱりちょっとやりきれない。
株は確率のゲーム。勝率100%目指しちゃいけないことはわかってる。
それでも・・・う~ん、やっぱり何か考え方が違うのだろう。
また明日からいろいろ考えながらより良い方法を探していきたいと思います。


そんなことより・・・・
タイトルの「やっちまったなぁぁ」はもっと大変なこと。
車のセキュリティシステムを解除するためのリモコンの電池が切れました。
しかも会社で(笑)
そして充電器は自宅。
車の中にセキュリティを外すボタンがあるはずなのに、それもどこにあるのか発見できず・・・・
無理やり動かそうとしたらエンジンかからないし・・・

そんなわけで会社に車放置して帰ってきました。
明日休みだけどまた取りに行かないと・・・・

はぁ・・・やっちまったぜぃ・・・・・







チャンスあれど利確できず・・・

317円でロスカットって・・・・汗
昨日も+10円ぐらいで売れず、今日も同じく+10円で売れず・・・・
そして結局-6円でロスカット・・・汗

はぁ・・・
でも、完全にロスカットラインを割ったから切ったはず。
その後株価が元に戻ろうと、あのタイミングではあれが最善の策。
先日決めた「利確は早めに」が実行できていなかったのが痛かった。

さぁ・・・次頑張ろう!!

12000円のマイナスは大きいと言えば大きいけど・・・
取れるときにちゃんと取れば問題なし!
いつかかならず、この「利確のはずがロスカット」状態を脱却してやるぞ~~っ!!







羽とウサギ

090202espresso.jpg

対流を利用したリーフを描いてみようと思い立ちチャレンジしたのがこちら。
リーフじゃなくて羽のようなものになってしまいました。 ただ、狙ったわけでもないのに妙にアートな雰囲気が・・・・
そして、残りのミルクでハートを描こうとしてやっぱり失敗。
失敗したら顔を描けってことで、ウサギにしてみました。

なかなかうまくいかないものです。
そしてうまくいかないと言えば株の方も・・・・
結局買値まで押し戻されてしまいました。あいたたた・・・・・・
しかもNY今日も下げてるし。なんとなく危険な兆候??
明日朝一番で逃げようかな。







再び丸紅にIN!

今日はお休みなんですが、朝からちゃんと起きてました。
珍しく寄り付き前から板貼りつき(笑)

丸紅は通期の下方修正は出したもののなんとなく面白い下がり具合だったので、逆に安心感からの買いが入るかもしれないと予想。
じ~っと待って、前日終値まで騰がるのを待ってさらに下がってきたところで323円2000株買ってみました。
320円を割ったらかなり上値が重いと判断してさっさとロスカットに動くつもりでしたが、無事上昇に乗れました。

出来高も増え、330円近辺での攻防をしてるようですし、しばらくはじっと我慢。
NYも2日連続で大きく下げた後ですし、さらに8000ドル付近という価格的節目も影響して今夜あたりリバウンド?という雰囲気もあり・・・・・・

ただ、NYが予想に反してがくっと下がるようだと明日はちょっとつらい1日になるのかななんてマイナスの予想もしてみたり・・・・
今日なるべく高く終わってくれると下がったとしても十分期待ができるんですが・・・

あ、金曜日ぐらいに引けで買うなんて言ってましたが、予想以上に動きがはっきりしたように感じたので早めのINとなりました。
比較的相性がいいらしい丸紅さん、がんばってくださいっ!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。