スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








チームバチスタの栄光も終盤に

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)螺鈿迷宮 下 (角川文庫)

今ドラマでやってるチームバチスタの栄光の原作者海堂尊さんの3冊目「螺鈿迷宮」を読み終わりました。
2冊目の「ナイチンゲールの沈黙」は正直う~ん・・・という感じでしたが、これはかなり面白かったです。
舞台はチームバチスタの東城大学医学部付属病院ではなく、桜宮病院。終末期医療を主軸に据えた「儲からない」はずの病院。
東城の「生の医療」と対比して「死の医療」を司る同病院で、連続して死者が出始める。

前日まで元気だった終末期患者の急な体調の悪化。
すばやすぎる死後の対応。
すべてが一連の流れに沿ってベルトコンベアのように流れていく病院。

主人公は嫌々ながらもボランティアとして潜入捜査をする医大生天馬大吉。
そして「火食い鳥」「ロジカルモンスター」でおなじみの白鳥圭輔。
さらには白鳥の口からは何度も名前のあがっている氷姫もついに登場し、シリアスながらもどたばたとした調子で物語は進行していく・・・・・


おもしろいです。
白鳥のめちゃくちゃぶりもさるものながら、その表情の裏に潜む医療への熱い思い(似合わない・・)
氷姫と呼ばれるクールすぎるイメージとどこかかみ合わない姫宮。
そしてアンラッキートルネード、不幸が不幸を呼ぶ幸運そうな名前の天馬大吉。
それぞれのキャラが思いっきり生き生きと、死を司る桜宮病院で暴れまわります。
チームバチスタにハマったら、これ、絶対楽しめます。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/142-4fb73d08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。