スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








猫の建築家

猫の建築家 (光文社文庫)The cat was an archiect.
He had lived several lives,
and in each life he was born to be
an archiect.

In fact,
he was always thinking about "style"
and
had always "cooperation" in his mind.

森博嗣さん、いろんなことやってます。「猫の建築家」というこの作品は画家の佐久間真人さんとの共同で作られた絵本です。
登場するのは人の作った古き町並みと、そこで暮らす猫たち。
レトロな建物や乗り物を眺め、「美」とは何かを捜し求める猫の建築家。
静かに、淡々と進んでいく物語はなぜか心癒されます。

そして・・・・
日本語の後ろに英語でも書かれた文章が並び、ちょっとした英語学習にもいいかも。
なんかちょっとおしゃれな本で、読み終わった後もパラパラとめくりたくなってしまう1冊です。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/17-fd9020e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。