スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








レイトン教授はあえなく失敗・・・そして・・・

090125espresso.jpg

う~ん、なかなか進歩が見られないラテアート。まぁそうそううまくいかないからうまくいった時の感動も大きいわけで・・・

昨日レイトン教授を描こうと久しぶりにハートを作ってみました。ハート自体はそこそこレイヤーの入ったきれいなものが描けたのですが・・・・・
レイトン教授のはずのものが、ただのシルクハットかぶったおじさんになってしまいました(笑)
もはや英国紳士ではなく怪しげな恰好のマジシャン??

浮かべたミルクの上につまようじで絵を描くだけなのでそんなに難しくないはずなんですが・・・
線の太さが安定しないため、しっかりとした絵が描けないでいます。
絵を描いてしまおうと思うとこれが結構難しいことが判明。こちらの技術はまた少しずつスキルアップ目指したいと思います。

そして・・・
リーフは相変わらず子供の落書きレベル(笑)
葉数はやはり増やせずと、全く進歩がない状態です。
今回のこのリーフを見ると、一番最初の部分がもう既に太く広がりすぎてるので、注ぐスピードが速すぎるのと、浮いてきてから揺らしはじめるまでのタイミングが遅すぎるのかなと分析してます。
あのタイミングっていうのは慣れなのか反射神経なのか・・・・
浮いたと思ったら揺らし始めてるはずなんですが、浮く前にある程度揺らした方がいいのか・・・
まだまだ考えれば考えるほど難しくなっていきます。
そして今回に限ったことを言えば、まだカップのふちに若干余裕があるので、もう一揺らししてもよかったのかもしれません。ぎりぎりまで注ぎきる技術のアップも計らねば・・・
(カップを傾けながら注いでるからギリギリが読みにくいんです)

読めそうで読めない間違いやすい漢字話は変わって、最近この「読めそうで読めない間違いやすい漢字」が結構人気があるらしい。
もともと本屋さんに行くと大量に平積みはされていたんですが、実際に漢字ブームが到来してるようです。
ネプリーグやQさま(休みの日は欠かさず見てます)で難読漢字が登場し、漢字の奥深さ、おもしろさを再認識してるというのもあるのでしょうが・・・・・
読めないと恥ずかしいという意識が広がってるというのもあるようです。

漢字が読めなくて恥ずかしい思いをしてるはずのとある国の総理大臣。彼がこの本の売り上げに結構協力してるんじゃないかという噂(笑)
マンガは文化かもしれませんが、漢字も日本の立派な文化ですよ。

四字熟語で「反〇教師」なんて言葉がありますが、我が国の首相はこれ、ちゃんと言えるんでしょうか?
国のトップとして、良い見本を国民に示してほしいと切に願う今日この頃。
本当にこの国は大丈夫なの? この頃だめっぷりに磨きがかかってるような・・・・







Comment

>ネプリーグやQさま(休みの日は欠かさず見てます)

私も見てまーす(^。^:)
本が一番経済的でいいと思うけど
これらの番組に登場するような漢字や英語、歴史を勉強とい名目で
無理矢理DSを買う方向に持っていきたい私です(^。^;)
2009⁄01⁄27(火) 14:31 | | [edit]

やみなさん

あ~まだDS買ってないんすか?
今はもうどこでも手に入るぐらい流通してますよ。
漢検のやつとか四字熟語のとかが欲しいなと思ってる今日この頃。
でも、ゲームいくつか買ったからもう少し間を空けねば・・・
2009⁄01⁄27(火) 18:57 |

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/191-dbb53df2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。