スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








ハス撮影第2弾(まだまだ撮りに行くけどね)

今朝も朝早くからハスを撮りに行ってきました。
お客さんに聞いたところに行く前に、前回のところにも寄っていこうと思ったのですが・・・・・
ちょっとしたハプニング(?)が発生し、結局教えてもらったところには行けずじまい。
まぁでも、いいハプニングだったので結果オーライってことで。
090710hasu01.jpg
090710hasu02.jpg
090710hasu03.jpg
090710hasu04.jpg
090710hasu05.jpg
090710hasu06.jpg
090710hasu07.jpg
090710hasu08.jpg
090710hasu09.jpg

前回と同じように普通に写真を撮ってたんですが、カエルを見つけて撮ろうとしてたんです。

「どうだ?うまく撮れるか?」

知らないおじいさんに声をかけられ、「う~ん、なかなか難しいですね」ととりあえず返事。
そしたらおじいさんがいろいろアドバイスをしてくれました。
最初は「だぁぁ~撮りたいように撮りたいだけなのに」って思ってたんですが、アドバイスがかなり的確で、しかもおじいさんの撮る写真がめちゃめちゃすごいんです!!

こ、これは教えてくれるっていうししっかり聞いておこう。

途中いろんな人におじいさん声をかけながら、一生懸命教えてくれました。
ただ・・・どうやらカメラ教室に通ってる人は嫌いなようで(笑)

「あんなとこに通ってても決まった構図の面白くない写真しかとれんわい!」

とおっしゃっておられました。
ハスの葉で日向ぼっこするカエルをたっぷりと撮った後、「あそこにおるカエルな、ちょっと捕まえてくれ」と・・・・
ハスの花とカエルを一緒に撮るとすごくいい写真になるんだとか。
そんなわけで手をドロドロにしながらカエルゲット!!

ただ、通りすがりのおじさんがぼそっと言ってた「叩きつけて気を失わせたらおとなしくなるよ」という言葉がよぎって・・・・・・
うあ~そんな残酷なことできねーし・・・・
でも、おじいさん生き物好きだって言ってたからそんなひどいことしないよね?

「カエルはな、腹撫でてやるとおとなしくなるんだ。 ボウズ、お前の三脚俺が用意してやるから腹撫でてやってくれ」

ボ、ボウズって・・・・
まぁおじいさんに比べればじゅうぶんボウズですけどね。
ま、まぁいいや、とにかくおなかを撫でればいいんすね。

ということで、時々身じろぎするカエルちゃん(おなか撫でてるとなんか可愛くなってくる)を寝かしつけるようにナデナデし続ける自分。
おじいさんはあたりをきょろきょろしながら被写体に最適なハスの花を探して歩き回り・・・

まだ時々手の中でピョコッと跳ねようとするカエル。

「よし、じゃあこの花にするか」

すぐ目の前の花の上にカエルを乗せる自分。
これ、ピョンって逃げられたりしたら怒られるかな・・・・となぜかドキドキしながらそっと花の上へ・・・・

・・・・・・・・・・

おとなしく乗ってくれました。ありがとう、カエルちゃん。

そしたらようやく撮影再開。
おじいさんにいろいろアドバイスをもらいながら、いろんな角度からカエルとハスのコラボレーションを撮影する自分。
うぁぁぁ~やっぱりおじいさんと同じようなテレマクロのレンズが欲しい・・・・・
もっと寄りたいのにどう頑張っても寄れないんです。しかも三脚も短くて上から撮れないし・・・・
レンズと三脚、やっぱり買おうかな・・・・・

で、気づくと人だかり。
2人で作った構図なんですが、どんどんカメラ持った人が集まってきちゃって・・・

「俺らが作った被写体だからな、邪魔だったら邪魔って言わなかんぞ」

確かに、「撮ってもいいですか?」なんてどんどん寄ってくる。
人だかりが飽きてなくなってくるのを待って、モデルのカエルさんにはもう少し我慢してもらって撮影場所変更。
カエル様を移動するのはどうやら自分の役目になったようで(笑)

途中雨が降り始め、カエル様も元気を取り戻したようでピョンッとひと跳びして去って行かれました。
雨でカメラ濡らすわけにもいかないのでそこで撮影終了。
最後に車に戻りながらおじいさんが花の撮り方をいろいろ伝授してくれました。

次回はおじいさんの言葉を意識しながら撮るとします。

おじいさん、いろいろ教えていただいてありがとうございました。
でも・・・・ボウズはちょっと・・・・・汗







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/291-a1c5645b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。