スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








これはかなり・・・

銀河不動産の超越 (講談社ノベルス)最近なぜかドラマに映画に樹里ちゃんにと、今までとちょっと違ったものばかりネタにしてたので・・・
今日はちゃんと本について書いてみようかと。

銀河不動産の超越

さて、問題です。この本のジャンルを当ててください(笑)
手に取った瞬間自分の脳裏に浮かんだイメージは、「星間移動が当たり前になった時代の不動産業者のお仕事」というSF的なもの。
ところが出てくるのはもっさりとした、全くやる気の感じられないごく普通の新人社員。

本人のやる気のなさとは裏腹に、物件を探しにくるお客はどこか癖のある人ばかり。
運命に翻弄されるかの如く、周りの人々の多少強引とも思える生活になすすべもなく巻き込まれていき・・・

本人はまるで変わってないはずなのに、みるみるうちに生活は変わっていき・・・

乗物に例えるとジェットコースターのような本。
それでいてどこか考えさせられる内容をしっかり持ってて・・・

タイトルの突飛さもすごいけど、中身はもっとすごい。
理路整然とした森博嗣作品の中でも異彩を放つ1冊。
そして・・・こんな本が書けてしまう森博嗣氏の頭の中っていったい・・・
それこそが銀河不動産だったりして。

割と短い章立てで、少しずつ読むもよし一気に読み進めるもよし。
これは本当に面白い1冊です。


091015espresso.jpg

それから、いつの間にかエスプレッソメーカーを買って1年が経過してました。
それっぽい形のものはできるものの、「これがリーフです」といえるものはまだまだ描けず・・・
それでも最初に比べたら格段の進歩はしてるはず。

試行錯誤しながらこれからも少しずつ理想のリーフに近づけていこうと思います。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/314-b0af9d88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。