スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








「新」といえば??

091212kaidan.jpg

091212kodachi.jpg

091212kouyou.jpg

たまには伊勢神宮らしい写真をということで、それなりに見せられるものをチョイスしてみました。
鳥居の写真いくつか撮ってるんですがどれも微妙で・・・(笑)
大好きな石段と一緒に撮ってみました。
1枚目のこの写真の石段は撮影スポットになってて、ど真ん中で記念撮影が行われています。
石段好きの自分は遠慮して右端から撮影。真ん中だと逆に平坦になっちゃうんですよね。

2枚目は逆光の木立。
う~ん、ありきたり、インパクトなし。
横位置でも撮ってみましたがさらに視点が定まらずボツ。
うまい人の撮るこういう写真って、何であんなにインパクトある写真になるんでしょ?
奥のほうの木が邪魔すぎるのかな。
今度切ってから撮影しよう(おいっ!!)

で、3枚目。
黄金色に光る水面。直接眼で見る紅葉よりも大好きな紅葉。
橋の上から撮影してますが、友人を待たせたままずっとここで撮り続けてました。
帰りに同じ橋を通りましたが、もはやあのきれいな水面はなくなっていて・・・
こういうことがあると、その時間に撮る写真1枚に費やす時間がどんどんと長くなっていきます。
そして・・・失敗かなって写真はその場で消すことが多いので、家に帰ると想像以上に撮ってる枚数少ないことに愕然とします。


さて、今年の漢字はやはり「新」でしたか。
「新」といえばただ単に新しいだけでなく、ピカピカ、キラキラ、すがすがしい、さわやかなど、いろんなイメージが浮かぶ漢字のひとつだと思います。
どちらかというとプラスイメージの強い漢字じゃないでしょうか?
ところが・・・
今回の「新」。
あまりさわやかなイメージではないのは自分だけでしょうか?
汚職疑惑のある「新政権」、「新型インフルエンザ」
上記のイメージなどかけらもないもので今年の漢字を選ばれても・・・

漢字ファンが増えてるにもかかわず、その総本山が漢字を汚してるような・・・
そういえば漢検がらみでひと悶着あったのも今年でしたっけ?
去年の「変」のほうがよほどしっくり来ます。
2年続けて「変」が今年の漢字ってのもやっぱり「変」ですか?


そういえば・・・
「新しい」って読みかたって「雰囲気」を「ふいんき」と読み違えるのと同じようなところからできてるってご存知ですか?
気持ちを「新たにする」の「あらた」に「しい」をつけて「あらたしい」って昔は読んでたようです。
それが読みにくさもあってだんだん「あたらしい」という間違った読みが増えてきて・・・
気づけば大多数が「あたらしい」と読むようになっててそちらが正解になってしまったと。

「新」という文字だけに「新しい」読み方になるっていうのも面白いですが・・・
「雰囲気」が「ふいんき」で正解になる世の中はぞっとしますね。

「言葉」なんてしょせん口から出てる音ですから、その時代に合った表現ができればそれでいいとは思うのですが・・・
それでも自分が今まで使ってきた言葉が違った言葉で置き換えられてしまうのは切ないですね。

さて、12月ももうすぐ半ば。
「新」年に向けた準備でも始めましょう。

ピカピカでキラキラで、さわやかですがすがしい新年。
「今年こそは!!」と宣言できるようなものをいくつか見つけたいと思います。







Comment

おはようございます。
お伊勢さんの写真、素敵ですね。
光が差し込んで木立の長い影が伸びているのはナイスだと思います。それに、秋彩に輝く川面・・・。綺麗ですよ。

今年の漢字。
薬というのをイメージしていました。
来年こそ、心新たに、希望の持てる1年になって欲しいですね。
ポチッ☆
2009⁄12⁄12(土) 10:34 | | [edit]

スパイシーさん

こんばんは~
伊勢神宮の紅葉、本当に素敵でした。
あの木立の写真、今想うともっと構図をしっかり練れたんじゃないかとちょっと後悔。
逆光での撮影だったので、太陽が直接入らないように意識しすぎたのかも。
川面は・・・
撮ってて楽しいですね。ゆらゆらゆれる紅葉。
2009⁄12⁄13(日) 00:32 |

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/383-c68b7363

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。