スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








びっくりした!?

100207golden.jpg

伊坂幸太郎作品「ゴールデンスランバー」の映画見てきました。
主役は堺雅人さん、昔の恋人役で竹内結子さん、そして監督はジェネラルルージュの中村義洋監督。
というか、ジェネラルルージュメンバーの再結集って感じでした。
が・・・
堺さんはちょっととぼけたキャラをしっかりこなし、竹内結子さんは一児の母。
配役はがらりと変わってましたがどれもしっくりくる配役。
そして・・・
この原作ってまだ読んでないんですが、連続通り魔のキルオくんのキャラがあまりにも個性的で、この映画の中のもしかしたら一番の名脇役なんじゃないかって思います。
濱田岳さん、あんまり知らないんですが、伊坂作品の映画化にはよく顔を出す人のようですね。
気まぐれで、研ぎ澄まされた刀のように鋭利で、その反面ものすごくもろくて繊細で・・・
主役の堺さん以上にキャラが立ってたように思います。

「びっくりした!?」

は彼が人を刺す直前に、おどけたように口にするセリフ。
あまりにも個性の強いキャラなので、思わず選んだ写真もキルオくんになってしまいました。

そして、伊坂作品ならではのたくさん散りばめられた小さな小さなエピソードが、物語後半で組み上げられていく様子もうまく再現されてて・・・
映画を見ながら原作を読んでみたいって思わせるだけのパワーを感じました。

重力ピエロの映画はちょっと・・・な感じだったので心配してましたが、全く問題ありませんでした。
これ、やばいっす。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/437-bd46f0d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。