スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








青空としだれ梅

100220shidareume.jpg


今日は土曜日にもかかわらずお休みだったので、津市にある結城神社のしだれ桜を見に行きました。
このところ休みの日に好天が続き、日ごろの行いがいいせいだと自負しております(おい!)
日差しも柔らかくてポカポカ陽気、風が吹くとさすがに寒いものの本当にいいお天気でした。

そういえば土曜日に高速道路に乗るのって何年振りだろう?
四日市あたりがあんなにも混んでるなんて知らなかったです。
行きも帰りも渋滞に巻き込まれ、満身創痍で帰宅しました。

そうそう、津市でもひな祭りイベントやってたんですね。
ちらっとのぞいてきましたが、普通のお店の中に普通に飾ってあるだけで、おひなさまを見せてもらうためだけに入るのがためらわれ、早々に帰ってきてしまいました。
それを思うと足助町の「中馬のおひなさん」はすごい成功事例だと思います。


100220hina1.jpg

100220hina2.jpg


というわけで、「中馬のおひなさん」の写真です。
木造の趣あるお店の中に飾られたおひなさま。そしてひな壇の端には着物姿のバービーちゃん(?)
「Yes,Fall in love!」とか言ってる人は関係ありません・・・
こういう遊び心があちこちにうまく配されていて、普通にまじめなおひなさまとして見るよりもずっと楽しめます。
そしてお店の人が優しい♪
商売そっちのけでおひなさまの話をしてくれたり、とても親切でした。

2枚目は昭和13年のおひなさまです。
毎年毎年大事に飾られてた、年季の入ったおひなさま。
でも実は、このおひなさまの中でも特に気に入ったのが左下ののっぺらぼうのもの。
この角度から見ると、何の変哲もないただの人形なんですが・・・・















100220hina3.jpg


上から見るとこんな風にものすごくリアルに見えるんです。
不思議な存在感をひな壇の隅で発揮してました。
それからこのお店の中では木目込みのひな人形も展示されてました。
100220hina4.jpg

普通のひな人形とちょっと違うのがお分かりいただけますか?
単純な人形に服を着せてるわけではなく、服を着た形に木彫りされているんです。
生地の境目などに筋を入れ、生地を内側へ打ち込んで作ってあります。
写真拡大してもらえればよくわかるかも。
結構風の強い日で、ちょっと髪の毛が乱れちゃってるのが残念でした。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/451-2425c428

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。