スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








明日はいよいよデビュー戦

hanabi.jpg明日はついに花火大会です。
新しいカメラα300のデビュー戦です。今日のうちに充電を済ませて花火用にある程度前もってできる設定をしておいて・・・・
左にあるのは去年撮影した写真なんですが、一眼で花火を撮るのは今年が2回目なので、去年よりももっといい感じ(これが難しい)で撮れたらいいなと思います。

それよりも・・・・・
問題は花火が始まる前に仕事が終わるかどうか、ですね。
くぅぅ・・・・・今年こそは絶対きれいに撮るぞ!!

去年は確かその前の年よりもだいぶ花火の打ち上げ数が増えてたのか派手だった記憶があります。
(一昨年は仕事中にこっそり抜け出して写真撮ってたっけ・・・)

あぁ~~~、もう一度花火の撮り方復習しておこう。
大会プログラムも手に入れたけど、どの花火がどれだけの大きさなのかとか見ててもよくわからないし・・・・


あ、一応今覚えてる花火の撮り方簡単に書いときます。もしも花火を撮りに行かれる方がいたら参考にしていただけたらと思います。

1.マニュアルフォーカスで無限遠に設定する。∞←このマークです。
2.ホワイトバランスは太陽光がいいみたいです。
3.モードダイヤルは「M マニュアル」に設定する。
4.絞りが設定できるカメラならF11近辺に設定する。シャッタースピードとの兼ね合いで前後させる。
5.撮影は花火が開く前にだいたい目測で位置を予想し、早めにシャッターを切る。
  BULB撮影ができるカメラなら自分の感覚でシャッタースピードの調整ができるので楽チン


あんまり望遠で撮らないほうがいいらしい←ピンボケ写真を量産した経験があります。

もちろん花火モードが付いたカメラで撮る場合はそのモードに合わせるだけでOK。
後は必ず三脚を用意する。場合によっては数秒間シャッターを開けっ放しにしたりするので、手持ちではきっと無理。

と、まぁこんなところでしょうか。
あとは狙ったところにいい配置で花火が上がってくれることを祈るのみです(笑)

難しいのは広がる前にすでにシャッターを切り始めていないといけないというところでしょうか。
一昨年はその感覚がつかめず、暗闇を何枚も撮影しました。
コンパクトカメラで開くタイミングを予想して早めにシャッターを切るよりも、一眼レフでシャッターを開けて待ったほうが撮りやすいことが去年判明。
今年はいよいよ・・・・・

がんばってきます!







Comment

花火って撮り方にこつがあるんですね。
全く知りませんでした。
「へぇ」って感じです。
特に1、2の辺り失敗しそうでたまらないですね。
いつかチャレンジしてみます。

何か株価の方はシリアスなのかお気楽なのか、全く分からない展開ですが、花火の方が人生を楽しくしてくれそうですね。
僕もこの夏一度くらいは見たいものです。
2008⁄07⁄26(土) 01:56 | | [edit]

mathyさん

2は色がちょっと変わるだけだからあまり関係ないといえば関係ないんですが・・・・
フォーカスを無限遠にしておかないと、せっかく撮った写真がすべてピンボケだらけになってしまいますよ(笑)
大きくピントが合ってなければ画面ですぐ確認できるんですが、細かくぼけてる場合には気づかないことが多いので注意が必要です。

今日撮った花火、早速アップしてみました。
2008⁄07⁄27(日) 00:34 |

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/46-e1ba3ded

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。