スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








今日も雨でした

100714hasu.jpg


晴れの日が待ち遠しいですね。
このところどうも体調が微妙で割と早く寝てたりします。
そしてせっかくの休みなのに朝なかなか起きられず・・・
午後から車の一年点検。ちょうど去年のハスの時期に車を買ったんだなぁ。
1年って早い。

あのころは押し掛けてきた車屋さんと試乗を兼ねてハス田に行ったんだっけ。今日いろいろ話してて思い出した。
車屋さんも撮ってきた写真を見せてあげてたから覚えてたみたいで、「今年も撮ってるんですか?」なんて言ってたな。
それにしても本当に熱意のあるセールスマンで頭が下がる。
同じ営業マン同士なせいかやたらと話が合う。
車の中を見てすぐに「プラズマクラスター乗ってるじゃないですか、ウチも売ってるんですよ。しかも限定色まである」って(笑)
でもやっぱりノルマを課せられてて結構大変なんだって言ってた。
どこもかしこもやっぱり大変なんだなぁ。
それに、車屋さんって車売ってればいいのかと思ったらやっぱりいろいろインセンティブも取らなきゃいけないとも言ってたな。
相変わらず面白いお兄さんだ。


そしてフォトレタッチの本を買ってみた。
風景&ネイチャー Adobe Photoshop レタッチの教科書風景&ネイチャー Adobe Photoshop レタッチの教科書」っていう本。
PhotoshopCS3~CS5に向けて書かれてる本なんだけど、自分の使ってるソフトでも同じような操作ができるなって。
今までレタッチって元の写真に直接手を加えてたけど、「調整レイヤー」っていうのを使うともっと自由に簡単に色が触れることが判明。
上の写真は調整レイヤーの練習で作ってみたもの。
漠然と作業をするのではなく、仕上がり後のイメージを決めてから加工をするのが大切だとのこと。
というわけで、以下のコンセプトでいじってみた。

1.青空の色をより青く、夏っぽさを表現
2.緑の色を深くして花に視線が行くように調整
3.花にしっかり光りが当っているように。透明感を出す。

と、こんな感じ。
ん~ただちょっと大きく調整しすぎたのかな。
作りましたって感じがしっかり出てる(笑)
ま、だんだんうまくなるでしょ。

レタッチをしっかり勉強しておけば、きっと撮るときにレタッチ後のことを考えながら撮れるんじゃないかな。
そしたらきっと今よりも幅広い撮り方もできそうだ。
ただ・・・さらっと書いてあるけど、この本結構難しい(笑)







Comment

うわ~
すごい綺麗な写真です!
いろいろと忙しいようですから、体調に気をつけてくださいね^^
2010⁄07⁄15(木) 16:39 |

しんくん2:50さん

ありがとうございます。
今までずっとこのソフト使ってたけど、こんな便利だったとは・・・・
体調、最近崩れ気味なので気をつけます(・o・)ゞ
2010⁄07⁄15(木) 23:10 |

なるほどー

それでこんなにくっきり感が出てるんですね(^・^)
きれいなハスの花に目を奪われました。
2010⁄07⁄16(金) 00:20 | | [edit]

きまぐれさん

うんうん、空の色とハスの透ける色って両立難しいですよね。
蓮を表現しようとすると空が白く飛ぶし、逆だと蓮が濁ってしまう。
こういうことができるってことは、撮るときは露出よりも階調性を意識して撮るのが正解なのかも。
2010⁄07⁄16(金) 23:31 |

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/595-73bd4772

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。