スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








読了&謎解き完了!

100816matsuri.jpg


私が彼を殺した (講談社文庫)いやぁぁぁ・・・・
難しすぎですね、これ。
東野 圭吾さんの「私が彼を殺した」。
最後まで読み終わっても犯人が誰なのかわからない小説第2弾。
「どちらかが彼女を~」に引き続き放り出された感満載です。
いや、そこで終わらないでよ・・・って言いたくなる。
仕方なく袋とじの推理の手引きを読んで・・・

はい、意味不明。
手をつける場所はわかったものの、読んでみてもそれがどうした?って(笑)
繰り返しあやしい場所を読んでると、ぼんやりと「この人が犯人か?」みたいなのが浮かんできて・・・
あとはその人の行動を他の人の視線で描かれたところも含めて読み返して・・・

おお!!ここか!!

くぅぅ・・・やっぱり解説読まないと気づかないな。
あの重大なヒントを教えられてやっと辿りつけました。

「推理小説の犯人なんて注意深く読んでたらわかる」なんて方はぜひ挑戦してみてください。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/650-e989b618

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。