スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








嘘をもうひとつだけ

100820matsuri.jpg


嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズ唯一の短編集「嘘をもうひとつだけ」読了です。
短編集なのに加賀さんがぎっしり(笑)
そして読み終わった後に表紙を見ると、この小説の中身を見事に表してるな、と。

どこにでもありそうな団地の一部屋だけを浮き上がらせた表紙。
登場するのは頭のいい冷酷な犯罪者ではなく、どこにでもいるごく普通の人々。
彼らが止むにやまれぬ理由で犯してしまった罪。そして嘘。
加賀恭一郎の鋭くて優しい目が真実の光で照らし出す。
って感じでしょうか。

推理小説というと、複雑なトリックだったりそういうのを連想しますが、加賀シリーズってどれも「嘘」をテーマにしてるんですね。
あのドラマってこういうイメージで作られてたんだなと実感。
それにしても・・・
阿部寛さんをキャスティングしたのってあまりにも合いすぎ!!
小説に阿部さんを合わせたというよりも、阿部さんのイメージを思い浮かべながら小説を書いたような・・・

まさか、ね。







Comment

Trackback

http://hibitanoshiku.blog119.fc2.com/tb.php/657-78f9ccf4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。